Just another WordPress site

仲介手数料を考慮する

神奈川で一戸建てを購入するときには仲介手数料を考慮する

神奈川で一戸建てを購入するときには仲介業者に対して仲介手数料を支払わなくてはいけません。では、そもそもなぜ仲介手数料を支払わなくてはいけないのでしょうか。仲介手数料を安くすることが出来る手段があるのならば、一戸建てを購入するときに費用を削減することに繋げることが出来ます。
神奈川で一戸建ての売買取引を行うときには、直接的に不動産を所有している人と交渉することはほとんどありません。実際の交渉の現場では、所有者から不動産を預かっている不動産会社と交渉をすることになるのです。そして、この不動産会社を紹介してくれる会社が仲介業者に他なりません。では、なぜこのような面倒な方法で取引を行わなくてはいけないのでしょうか。
神奈川の不動産売買を行うときには、その不動産を所有している人は宅地に関する資格を持っている人が取引に参加しなくてはいけません。これは、法律によってその不動産に関する重要な事項を不動産を購入する人に対して説明する義務が規定されているからなのです。特に、神奈川では不動産売買だけではなく賃貸借契約に関しても利用者双方がきちんと取引が出来るように告示をしていることもあるので、そう言った決まりに反するようなことをしないように心がけなくてはいけません。売買の場合には、資格がないと取引ができないため資格を持っている不動産会社に対して所有者が物件を預けることが大半なのです。そのため、実際に取引をする時には両者を繋ぐ仲介業者が必要になるのです。
このような法律的な事情から、当然仲介業者に対する不動産の売買取引に仲介手数料に関しても簡易的な計算式によって上限が法律で決められています。具体的には、不動産価格の3%に6万円をプラスして消費税を考慮した価格になります。この範囲で仲介業者は仲介手数料を受け取ることが出来るので、上限を超える範囲に関しては受け取ることが出来ません。大切なのは、神奈川県で売買をするときには手数料は不動産を購入する人だけではなく売却する人も公平に支払わなくてはいけないことにあります。確かに、契約書によってどちらか一方が手数料を多く支払わなくてはいけないような規定を盛り込む不動産会社もあるのですが、実は法律的には手数料は購入者と売却をする人の折半によって決まるということを忘れないようにしなくてはいけません。どちらかが不公平にならないように分けて支払うことになるため、この話し合いをきちんと行えば手数料を小さくすることが可能になるのです。

最新記事

  • 神奈川で一戸建て住宅を建てる平均坪数は? 一戸建て住宅の平均坪数は、都道府県によって随分違いがあります。総務省 …

    平均坪数は?